FC2ブログ

YYFC -Yamada Fishing Club-

プロフィール

yyfc2003

Author:yyfc2003
永遠に素人の釣り仲間達の釣りと旅行の記録です

月別アーカイブ

yyfc-top.jpg
【八ッ場ダム】日本一高い(106m)バンジー「鳥になった平野氏」
yyfc-member1 yyfc-member2 yyfc-member3
yyfc-member4 yyfc-member yyfc-member5

関連記事 [トップページ]
トップページ | コメント(0) | 20030101000000 | 編集

場所 : 初島 第一堤防(中潮)
参加 : 山下 平野 花形
釣果 : ボウズ



■山下レポート
1月3日、初釣りに挑んだ。
「初釣りは初島から」と以前はこのキャッチフレーズで毎年のように初島から釣りを始めたもんだ。
いつから初島で初釣りをしなくなったのだろうか?めんどくさいので調べないが。
あの時は剛もいたし、神田もいたな。
今回は平野、花形、私の3人だ。
今のYYFCベストメンバーであり、全メンバーでの釣行だ。
花形はいつ以来の参加なんだろう?めんどくさいから調べないが。
中さんは箱根駅伝を見るので参加しない。
大学の陸上部出身だからな、短距離走の選手って言ってたけど。
初島の事前情報では全くメジナは釣れていないそうだが、YYFCベストメンバーの釣果が楽しみだ。

4時半に花形を私が迎えに行く。
平野は5時に私の家にYYFC号で来る。
私の家でYYFC号に乗り換えて初島に出発だ。
今日の狙いはメジナの予定だ。
しかし平野はルアーで真鯛を狙うという。
平野は何かを悟ったのかもしれない。
釣りでは勝負にならないってわかったんだ、センス無いかもしれないってことも。
そういえば中さんが言っていたな「ルアーなんて釣りじゃない、ゲームだ」って。
でも最近は中さんも沖磯ではルアーをしてるけどな。

湯河原のすき家で朝飯の牛丼を食す。
この店にも初島に行く時はよく寄ったな。
熱海のコンビニで昼飯とドリンクを購入して、サンワを目指す。
サンワには昨日、オキアミの解凍予約を既にしている。
オキアミ3キロを4枚だ。
サンワでオキアミの他、集魚材、刺し餌を購入し、コマセと集魚材を混ぜ混ぜする。

熱海港ではイルドバカンス号に乗り込む釣り人が見える、かなり多そうだ。
7時過ぎに乗船。
花形の感覚では釣り人が50人位いるという。
DSCF1109.jpg

これだけいたら第一堤防先端は無理だ。
初島ダッシュなんてする気もない。

8時前に初島到着。
第一堤防先端には既に釣り人が陣取っている。
反対側の新堤防に行こうとしたが既に先客で埋まっている。
仕方がないので、いつものワイヤーロープのところで釣りをする事に決定。
ワイヤーロープが手摺りに変わっていて1.5m位の高さがあり竿が出しにくい。
DSCF1113.jpg

久しぶりの初島なので色々変わっている。
階段上にあったトイレが無くなっている。
その代わりサザエや伊勢海老の販売所の裏が埋められ【Shima Terrace(シマテラス)初島】という建物が出来ている。
DSCF1116.jpg
※右側の建物がシマテラス初島

なんでも英語にしたらオシャレだと思っているようだ。
エクシブのバスの発着場もここになったようだ。
中には簡単なお土産売場と綺麗なトイレがあった。
我々からすればトイレも近くなりウォシュレットになってるので大変喜ばしいことだ。

よく見ると、何だか知らないがルアーの平野の荷物が異常に大きい。
普通、ルアーなんてロッドとリールとルアー数個とハサミとか入れるケースで十分だろ?
軽装備であちこち動き回ってあちこちルアーを投げて、海を探って釣るのがルアー釣りだろ?
それなのに磯釣りに使うどでかい背負子を担いでいる。
真鯛って言ってたけど何狙う気なんだろう?
DSCF1111.jpg

さあ、釣りを始めよう。
バッカンに海水を入れてオキアミと集魚材を混ぜ混ぜしてコマセを作る。
海にコマセを投げると、無数の餌取りが湧き出てくる、スズメダイとタカベだ。
花形と並んで竿を出す。
仕掛けを投げ入れるとウキは沈まないが餌は無くなる。
コマセには餌取りが群がっている、これは長い1日になりそうだ。
DSCF1114.jpg

平野はどでかい背負子を担いでルアー釣りに行こうとしている。
教えてあげよう「ルアーはランアンドガンだ」と花形が言う。
あちこち歩いてあちこちルアーを投げるために、可能な限り軽い装備にするんだってことを。
ランアンドガンは英語なので理解出来なかったようだが、日本語で話したら少し理解したようだ。
我々の後ろにどでかい背負子を置いてロッドを持ってどっかに行った。

我々に話を戻そう。
状況は全く変わらない、見える限りの釣り人も誰一人竿が曲がっていない。
第一堤防先端まで様子を見に行くがタカベが釣れているだけだ。
更に2名、底物師がいる。
ガンガゼでイシガキダイを狙っているのだろう。
暫く様子を見ていたが、全く竿先が動かない。
釣りを再開するが餌だけ取られてウキは沈まない。
ウキ下を変えても状況は変わらない。
この時点で平野はまだ帰って来ない。

島テラスのところが空いていて2人なら竿を出せると花形が偵察から帰ってきて言った。
すぐに移動することにした。
ここは手摺りも何もないので非常に釣りやすく、魚が掛かってもタモも使い易い。
DSCF1117.jpg

隣で竿を出してる65歳くらいのオッサンと17才くらいの少年の2人連れがいる。
オッサンの口が悪く、どでかい声で少年にバカだ、アホだ、下手クソ、と罵る言葉しか発しない。
かなり高級なウェアやライフジャケットを着用しているのに下品なオッサン釣り人だ。
大声で騒ぐ度に他の釣り人がこっちを見る。
迷惑なオッサンである、当然釣れていない。

我々の状況も変わらない。
遠くで竿が曲がっている、自合いか!と思われたが上がってきたのはブダイだ。
20分後にもブダイが上がるがメジナは釣れていない。
平野がどこからか帰ってきた。
ゴロタ場でルアーを投げたらすぐにライントラブルになり、それを直すのに長時間掛かっていたそうだ。
当然、平野に釣果は無し。
私は狙いを変えた。
初釣りなのでお土産は欲しいので、タカベを茨城に持って帰って食べよう、茨城では貴重な磯魚だ。
針をメジナ針4号に落としてウキ下を20㎝にする。
持ってるハリスで1番細いのは1.7号だ。
付餌を小さくしてコマセで煙幕を作って、そこに付餌を入れる。
タカベは目が良いので付餌まで来るが直前で付餌をかわす。
それでもタカベ3匹、スズメダイ3匹釣って、初釣りは終了した。
花形は釣果なし、平野も無し。
スズメダイは福岡ではアブッテカモという名で普通に食べられているらしく、ネットで調査済みだ。
暫く塩漬けにしてから焼いて食べれば美味らしい。
平野に島の商店で塩を買ってきて欲しいと頼んだ、スズメダイを生きたまま塩漬けするためだ。
平野が塩を買って帰ってきていう「600円した」という。
塩が600円したという。
島テラスのお土産売場で高い、あまりにも高過ぎる塩を買って来てくれたようだ。
平野さんありがとう。
スズメダイを塩漬けするだけなのにこんなに高級な塩漬けを買って来てくれてありがとう。
頼んだ私が悪いんだ、平野さんは悪くないよ。
10㎝位のスズメダイ3匹を塩漬けにするだけだけなのに600円の塩を買って来てくれるなんて、ありがとう。

15時前に納竿。
15時40分の熱海行きイルドバカンス号で帰りましょう。
帰りは戸塚の【横浜家系ラーメン 町田商店 戸塚原宿店】のラーメン食べましょう。
20210103_174730.jpg

20210103_180220.jpg

結局塩は平野さんが島の商店に再度買いに行って安い塩を購入して、高級塩は平野さんが持って帰りましたとさ。
さすが社長、よっ大統領!

■管理人
2年ぶりの釣りでした。
結果はボウズですが、ボウズは慣れっこです(笑)
久しぶりに竿を出せたことが嬉しかったですね。
YYFCの主流は底物にシフトしていますが、様子を見ながらまた参加していきます。

町田商店は所謂セントラルキッチン(CK)のコーンポタージュスープ(CPS)。
すごく塩っ辛い豚骨醤油ラーメンでした。(本来の家系は醤油豚骨)
不味いとは言いませんが家系ではない。

関連記事 [熱海 初島]
熱海 初島 | コメント(0) | 20210103200342 | 編集

場所 : 山梨県・長野県
参加 : 山下 平野 花形



■山下レポート
小諸を後にした我々は次はどうしようかと悩んだ末、帰り道にある忍城に行くことにする。
石田三成の水攻め失敗の城であり、映画のぼうの城だ。

途中、上信越道の横川SAに立ち寄る。
花形が釜飯と鬼滅の刃がコラボしているのでお土産で何か買いたいそうだ。
確かに鬼滅の刃の釜飯はあった。
20201122_124646.jpg

20201122_124510.jpg

具材も普通の釜飯とは異なっているようだ。
ただ2000円だ、それはないだろう。
ブームに乗るのは構わないが、2倍の料金とは恐れ入った。
流石の花形も購入を見送ったようだ。
大人になったな、金の使い方を少しはわかったようだ。
姥捨のSAでは鬼滅の刃のクッキーを値段も見ずに1000円で買って後悔していたからな。

鬼滅の刃ぼったくりクッキー(10個入り1,000円)
20201206_075600

関越道に入り忍城を目指す。
忍城は市民の憩いの場所なのだろう。
大して大きくはない駐車場がいっぱいで別の駐車場に向かうがそこまでいっぱいであった。
最初の駐車場に戻ったところ、たまたま1台出て行ったので無事に駐車する事が出来た。
忍城、ただの公園であった。
コンクリートの本丸があったが、江戸時代以降の面影をイメージしているらしい。
DSC03310.jpg

DSC03311.jpg

我々は水攻めについて検証するため資料館に向かう。
しかしコロナウイルス対策で入場制限をしていて長蛇の列になっている。
並ぶ気は無いので早々に引き上げる。
さあ、帰ることにしよう。

高速に乗る為17号線を走っていると蕎麦の話になった。
蕎麦でも食おうかと半分冗談で話していると手打ち蕎麦屋が出て来た。
ついでだから寄ることにする、【そば膳 葵】だ。
既に3時近くになっているが営業中の看板が出ている。
DSC03313-2.jpg

DSC03314.jpg

私と花形は、十割蕎麦と更科蕎麦と田舎蕎麦の3種の蕎麦膳、平野は更科蕎麦を注文、当然、蕎麦がきもだ。

蕎麦がき
ここの蕎麦がきは、ワサビの他にきなこが出てきました。
DSC03316.jpg

十割蕎麦と更科蕎麦と田舎蕎麦の3種の蕎麦膳
DSC03317.jpg

3人で蕎麦について蘊蓄を垂れていたら、店の店員がお蕎麦お好きなんですか?
と聞いて来た。
曖昧に返事したら、蕎麦のアイスクリームをお勧めされた。
若い女性に言われたらなんでもOKだ。何故なら、我々はオッサンだから。
DSC03320.jpg

蕎麦もアイスも美味かった。
さあ、腹もいっぱいになったから神奈川に帰ろう。
多摩川大橋渡って御幸公園の駐車場で精算。
黒部ダムのバス代含めて27,000円なり。

黒部ダムと松本城へ(長野・埼玉) | コメント(0) | 20201122183019 | 編集

場所 : 山梨県・長野県
参加 : 山下 平野 花形



■山下レポート
いつものように4時に目が覚める。
風呂は5時からだと説明は受けていたが、そこは伊東園、恐らく何時でもOKだろうと4時半に布団を抜け出し、平野と風呂へ向かうと電気は消えている。
ここまでは想定内だが、風呂の引戸に鍵が掛かっている、これは想定外だ・・・大人しく部屋へ戻る。
5時になってから、再度風呂へ向かうと今度は鍵は外されていて既に一名入っている。
大きな風呂に少数で入るのは気持ちがいい。
風呂から出て、昨日買ってた酎ハイを飲む。
朝の風呂上がりの一杯は美味いな。

7時から朝食だ。バイキングだ。
いつもの伊東園のバイキングだ、腹一杯になるまで食す。

※写真は花形の朝食
DSC03286.jpg

DSC03288.jpg

DSC03287.jpg

今日の予定は松本城登城だ。
過去に2度チャレンジして駐車場にも入ることなく撤退した天下の名城だ。
YYFCにとって難攻不落というべき現存名城だ。
8時過ぎにチェックアウト、今日の運転は平野で10分程で到着し駐車場に入る、ここまでは予定通りだ。
松本城の内濠に沿って歩く。
DSC03289.jpg

DSC03291.jpg

観光客が多い。
既に行列が出来ている。
DSC03292.jpg

最後尾と書いた板を持っている事務員に待ち時間を確認すると40分と言う。
DSC03290.jpg

辞めよう。
誰が決めたわけでもなく、行列から外れ堀を一周して駐車場に向かう・・・。
次はもっともっと早く来よう。
次は松本城の駐車場に早朝に着いて、ここで仮眠して待とう。

さあ、平野が運転して出発だ。
どこに向かおうか?小諸の蕎麦が美味しいらしいと花形が言う。
ここには上田城の前で食った草笛という蕎麦屋の本店もあるし、小諸城址があり公園になっているそうだ。
花形は昔1人で来たことがあるそうだ。
確かに小諸といえば蕎麦だよな。
蕎麦と言えば蕎麦がきだよな。

高速に乗り小諸駅に到着。
DSC03295.jpg

こじんまりとした城下町といった感じかな。それなりに風情はある。
すぐに小諸城大手門があった。
この街のシンボルのようだ。
DSC03297.jpg

昼食に【そば蔵 丁子庵】に入る。
花形の話だと200年の歴史がある蕎麦屋だそうだ。
DSC03299.jpg

DSC03300.jpg

当然、もり蕎麦と蕎麦がきをオーダー。
DSC03301.jpg

DSC03302.jpg

DSC03304.jpg

普通に美味い。蕎麦がきも美味い。不味い蕎麦がきは買ったことないけどな。
店も人気があるようですぐに満員になった。

私は食後、すぐに店を出て店先で待っていたが、なかなか2人が出て来ない。
やっと出て来た2人に話を聞くと平野が財布を車に忘れたのでスマホで払うとか、どうするかで時間を掛けたうえに、会計が終わりかけたところで花形がお土産を買うと言い出した為、余計に時間が掛かったそうだ。
20201123_153408.jpg

店の女子店員は嫌な顔をせず笑顔で対応してくれたそうで、花形は惚れたと言っている。
まぁ、可愛らしい娘だったよな。

続いて小諸城址の懐古園に行く。
そこに蕎麦屋の【草笛 小諸本店】があった、凄い人で行列が出来ている。
DSC03306.jpg

待つ順の紙に名前を書く。
ここでも蕎麦を食らう予定で蕎麦は別腹、そんな感じだ。
懐古園を少し見て草笛に戻ったが、まだまだ我々の番は先のようだ。
待つのは嫌なので諦めて車に戻る。

車に戻る途中、小諸城 三之門を通り抜ける。
なかなか立派な門で懐古園の入り口にもなっているようだ。
DSC03307.jpg

黒部ダムと松本城へ(長野・埼玉) | コメント(0) | 20201122120048 | 編集

場所 : 山梨県・長野県
参加 : 山下 平野 花形



■山下レポート
天気が回復したので、平野が大観峰まで行きたいと言い出した。
今頃なに言ってるんだい?今、ダムの上を歩いてトンネルまで行って帰って来たばかりだぜ。
またトンネルまで行ってケーブルカーとロープウェイに乗って行こう言うのかい?私は既に心が折れている。
念のためスマホで現在の大観峰の様子を確認する。
黒部ダムよりも標高が高い大観峰はまだ雪だ。
雪で見通しが悪いので行かない事に決定した。

バスに乗って扇沢駅まで戻ると快晴だ。
DSC03260.jpg

ん?!もしかしたら、ここ扇沢駅まで車で来れたんじゃ無いのか?
駐車場に止まっている車をチェックする。
DSC03265-2.jpg

半分くらいの車がノーマルタイヤだ。
自家用車で来れたじゃん。チキンじゃん。
まぁ、結果論だけど、雪の下り坂は怖すぎるからな。
まぁ、納得だ。

扇沢から信濃大町に戻る途中、野生の猿が現れ我々を見送ってくれた。
DSC03266.jpg

ホテルに行こうか!今日は浅間温泉だ。
久しぶりだが得意の伊東園だ。
【伊東園ホテル浅間の湯】
DSC03270.jpg

DSC03271.jpg

GoToトラベル「地域共通クーポン」で4000円分のチケットをホテルフロントで貰う。
チェックインには早過ぎるので荷物をフロントに預けてとりあえず、昼飯だ。
フロントで昼飯用におすすめの店を聞くが、既に13時半に近く開いている店は限られている。

飲食店を探して温泉街を歩いていると、中華の【藍蔵】を発見、確認するとまだ大丈夫だと言う。
DSC03279.jpg

DSC03273.jpg

ビールを先ずオーダー。
DSC03274.jpg

餃子
DSC03275.jpg

馬のモツ煮
DSC03276.jpg

かた焼きそば
DSC03277.jpg

唐揚げ
DSC03278.jpg

2杯目レモン杯をオーダーしたところで、店からラストオーダーの時間と言われる。
まだ料理が出揃ってないので、ラストオーダーの他ラスト一杯のOKをもらう。

次は4000円のチケットで今晩飲む酒&ツマミをコンビニに買いに行く。
色々カゴに入れて、平野が会計。
4900円だったと宣う、いったいなに買ったんだよ?

既に15時前だ。ホテルに向かう。
部屋に入って、すぐに風呂に行くと誰もいない。
この贅沢な時間が私は好きだ。
暫くして平野も入ってきた。
シャンプーやボディソープは馬油だ、このシリーズも何気に好きだ。
コロナのためかマッサージ機も体重計は置いていない。
部屋に帰って花形と交代しよう、そして仮眠だ。
平野と花形はビールを飲んでる。
伊東園は飲み放題、食い放題だ。晩飯までに腹を減らさなければならない。マナーだろうな。

18時半、夕食の時間だ。
伊東園の食堂は芋を洗うような混雑することがあるが、コロナ対策の為、三交代となって今日はゆっくり出来る。
ただ時間は70分と短くなっている。
DSC03280.jpg

まぁ食い放題のメニューは過去の伊東園ホテルの中では良い方だろう。
惜しまれるのはコロナのせいでアイスクリームが棒アイスであったこと、当然ソフトクリームもなくクリームソーダやクリームコーラが出来なかった事かな。

花形が異常な量を食べている、これが年齢の違いか?さすがまだまだ若いな。
DSC03281.jpg

DSC03282.jpg

DSC03283.jpg

DSC03284.jpg

DSC03285.jpg

寝る前にもう一度風呂に入ってコンビニで買った酎ハイ飲むことにしよう。

黒部ダムと松本城へ(長野・埼玉) | コメント(0) | 20201121212338 | 編集
検索フォーム
ブログランキング
カテゴリ
QRコード
QR
カウンター
    © 2021 YYFC -Yamada Fishing Club-  Designed by 意地天